三田/赤羽橋 歯医者/歯科 宮田歯科
【初診専用フリーダイヤル】
050-7586-2427
【再診のご予約・お問い合わせ】
03-3455-6751
web診療予約・初診はこちら
web診療予約・再診はこちら
 
午前 × ×
午後 × ×

午前…9:00 - 13:00
午後…14:00 - 18:00

クラウン・コア

クラウン・コア

クラウン(被せ物)

比較的大きい虫歯や、根っこの治療などで歯を削った後に被せる人工の歯。ただしケースによってインレー(詰め物)となる場合があります。

1.保険クラウン

前歯

保険クラウン 保険クラウン

中身は金属(金銀パラジウム合金)で裏打ちされていて、表面に硬質レジン(プラスチック)を貼り付けているクラウン。

メリット
  • 保険適用
  • 見た目が歯に似ている
デメリット
  • 汚れがつきやすい
  • 変色しやすい(プラスチックが水を吸収する性質のため膨張し、黄ばみがかった色になる)
  • 裏側から金属が見える
  • 保険範囲は前歯・犬歯のみ(奥歯は保険適用外)

奥歯:銀歯(メタルクラウン)

メタルクラウン

被せ物すべてが銀色の人工の歯でできている。非貴金属の金銀パラジウム合金を使用しており、金12%銀40%パラジウム20%の割合で含まれている。

メリット
デメリット
  • インレーと同じ
    ※歯が割れやすいことは除く

2.ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

すべてが金色の被せ物。成分に貴金属を使用している金合金。歯に優しい金属です。

メリット
デメリット

3.メタルボンド(セラミッククラウン)(陶材焼付鋳造冠)

中身は金の含有量が高いプレシャスメタル(金77%プラチナ12%)で裏打ちされ表面にセラミック(陶材)を焼き付けて作った人工の歯の被せ物です。

メリット
  • 見た目が良く、色味が数段階にも出せる
  • 金属アレルギーになりづらい(当院では中身の金属にプレシャスメタルを使用しているため)
  • 歯肉の変色なし
デメリット
  • 保険適用外
  • 割れやすい
  • 裏側から金属が見える
  • 色調はオールセラミックに劣る

4.ハイブリッドセラミッククラウン

中身が金属(金合金)で裏打ちされ表面にセラミック(陶材)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料を貼り付けた人工の被せ物。

メリット
デメリット

5.オールセラミッククラウン

中に金属の裏打ちがなくすべてセラミックで出来た人工の被せ物。色調は透明感と段階の色味が出せるので、審美的。
※土台から白くした方が綺麗にできます。

メリット
  • 金属を使用していないので白さの透明感が最も出せる
  • セラミッククラウンと同じ
デメリット
  • セラミッククラウンと同じ
オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン

被せ物の土台(コア)について

虫歯で歯を削ったり、神経の根の治療をして歯の頭がなくなり、そのままではクラウン(被せ物)ができない場合、コア(人工の土台)を根に装着します。

虫歯を取り、根の治療をする

虫歯を取り、根の治療をする。

コアを装着

コアを装着。

コアの上にクラウン装着

コアの上にクラウン装着。

1.保険コア

素材は銀合金を使用している保険適応のコア

メタルコア メタルコア
メリット
  • 保険適用
デメリット
  • 酸化、腐食する
  • 金属アレルギーのリスクあり
  • 歯根が割れる可能性が高い(くさび効果)
  • オールセラミッククラウンには不適

2.金合金コア

主成分に貴金属の金を使用している金合金のコア

金合金コア 金合金コア
メリット
  • 歯根が割れにくい(硬すぎず柔らかい金属のため)
デメリット
  • 保険適用外

3.ファイバーコア

ガラス繊維強化樹脂とプラスチックで出来ています。

ファイバーコア ファイバーコア
メリット
  • 歯根が割れにくい(弾力があり、しなるため、金合金コアより優れる)
  • オールセラミッククラウンとの組み合わせが効果的
デメリット
  • 保険適用外

※歯根が割れると、割れ方や範囲などにより歯を抜かなければならないこともあります。